So-net無料ブログ作成

12月12日 凍える冬に突入 [2018年 日記]

やっと、というか身体が縮こまる真冬に入った。よほど元気じゃないとバイクにも乗らない。暖房がないと過ごせない。つくづく寒さに弱くなったもんだ。

ジョギングの記録

12月1日、運動公園から空港北側のだだっぴろい直線道を走った。途中暗くなったあたりから細い道に迷い込んでしまい、靴を泥で汚しながらの到着となった。
11km、1時間18分。キロ7分5秒。

181201.png

11月20日 晩秋もあとわずか [2018年 日記]

寒いとはいえ、凍えるほどでもない11月。来月になれば急に冷えてくるのが熊本の冬だ。

ジョギングの記録。

11月2日 蘇傳寺温泉を起点に時間の許すだけ走った。
 2.4km、15分。キロ6分15秒。
 途中で腹が痛くなったこともあり早々に引き返した。畑や畜舎がポツポツと散らばる田舎道。
 蘇傳寺温泉は、熊本地震の際にしばらく自宅の風呂に入れなかった時にお世話になった。素朴な温泉。

181102.png

11月15日 泗水とよみずの湯を起点に東へ。
 10.6km、1時間13分。キロ6分50秒。
 夕暮れ時だが快晴で空が澄み渡っていた。菊池川支流の平坦なこの道はおそらく初めて走った。
 車の通るのと反対の川岸には走りやすい堤防道路がずっと続いていた。散歩する人もちらほら。

181115.png


11月20日 泗水 野の湯を起点に西へ。
 5.3km、32分。キロ6分5秒。
 今日も日が暮れてからのジョギング。本当に野原の中にポツンと立っている野の湯を起点に、道路が見える時間内だけ往復。先週と逆に東から西へ向かって。半袖はさすがにそろそろひんやりだし、耳の後ろ側も汗で冷えてきた。

181120.png


11月7日 「追憶」 [2018年 日記]

映画「追憶」1973年アメリカ

戦後のアメリカ、男女の出会いとすれ違い、再会。

そもそもの出会いからして共感しにくい二人だがやはり別れるよね。
自分と違う生き方を認められるようになる、という収穫と引き換えの、
長い時間とエネルギー。

最初と最後で流れる御本人歌唱のテーマ曲は美しく優雅な名曲。

10月27日 ジョギングシーズン到来 [2018年 日記]

やっと涼しく、というか寒く感じる日も出てきて、ジョギングがしやすい気候になった。

最近の4回。

9月27日 阿蘇外輪山のへりに派生するまったくもって目立たない尾ノ岳目指して、初めての道を走る。途中、なぜがよく吠える小型犬が放し飼いされていて威嚇してくるので困った困った。

大分県との県境が尾ノ岳の登山口になっているが、薮が深そうだったので後日に回した。ここから目と鼻の先が山頂のようだ。

10.7km、1時間13分。キロ6分50秒。

180927.png


10月4日 七城町温泉ドームを起点に、菊池方面へ菊池川沿いを往復。帰りに寄った温泉ドームは結構充実した温泉だった。

10.7km、1時間13分。キロ6分50秒。

181004.png


10月11日 辰頭温泉を起点に泗水町を巡る往復コース。川沿いは平坦で走りやすい。

10.6km、1時間4分。キロ6分5秒。

181011.png



10月24日 熊本市の運動公園、1周2km弱を4周とつじつま合わせに少し往復。路面が薄く照らされているので日が暮れても走れるのがありがたい。

8.2km、55分。キロ6分40秒。

181024.png

10月3日 「ビューティフル マインド」 [2018年 日記]

映画「ビューティフル マインド」をテレビで見た。

ラッセル・クロウ主演の映画はおそらく初めて。ごつい体格だと終始思いながら見ていたが、性格も後から調べてみたらどうやら粗野なほうらしく、少し興ざめ。というのも涙腺までは刺激されなかったが、割と感動できるストーリーだったからで、最初の成功談あたりは自分が数学に興味を深めていた頃を久々に思い出させてくれた。

妄想にとりつかれるという苦難、どれが現実かわからなくなる混乱。自分の貧困な想像力をもってしてさえ、生きるのに大きな障害になりそうという事がわかる。

数学と経済学、実社会が結びついた学問は未知の世界なので彼の業績の偉大さがいまひとつピンと来ないが、ゲーム理論で検索してみると応用分野の広さに驚く。


9月25日 「レナードの朝」 [2018年 日記]

「レナードの朝」を見た。見てる途中からなんだか見たことあるような、と思っていたら4年前に見てこのブログにも書いてるではないか。しかも「忘れっぽくなったから記録のために書いておく」とある。

忘れないように書いて残しておく、という意図が半分功を奏して半分的外れだった。

梅雨から真夏へ、そして最近は体調を崩して運動らしいものを全くしていないので相当鈍っているだろう。


8月22日 台風続々 [2018年 日記]

今年は台風の当たり年かもしれない。ただ今、19号と20号がつづけざまに日本に近づいている。
直撃されないだけラッキー。

先日のジョギング。午前の高原とは言え、雲がなくギラギラ照りつけられるとさすがに暑い。熱中症が恐ろしくなるほど身体が熱くなる。折り返し点で大きな看板の影に入ってクールダウンしても、帰りはヒッチハイクしようか悩むほどの気分の悪さが襲う。行き倒れては元も子もないので、歩いてぼちぼちと戻ることに。風があったので助かった。

7.2km、1時間6分。キロ9分。

180819-b.png

走り足らないので、午後再び走った。久住高原で見つけた日本一のクロスカントリーコースを走ってみる。コース前に星ふる館で受付しろと看板があったので行ってみたら、フリーで走れるとのこと。
手入れされた芝生のコースが、約3km、アップダウンを繰り返して戻ってくるというコース。暑い時期には練習にもってこいだ。ちょうど中学の駅伝大会が開かれていたようで、クラブチームや保護者で混雑していた。

2.9km、21分。キロ7分15秒。

180819-2b.png

8月15日 「インセプション」 [2018年 日記]

映画「インセプション」見た。どっと疲れた。

と言うのも、夢を見てガバッと起きるとそれがいい夢でも悪い夢でも、心臓はドキドキして頭は起きていることに動揺して、平静とはほど遠い状態になるからで、ほとんど夢の中の話といっていいこの映画を見たらそうなるに決まってる。窓を開け見慣れた景色を眺めてもしばらく平常心は戻らない。映画の世界にどっぷり浸かり、見終わると現実世界がやや違ったものに見えるというのは映画の魅力のひとつに違いない。

クリストファーノーラン監督。確かにインターステラなどに通じる不思議な世界に連れて行ってくれた。

細かい点になると既に自分の理解力にとっては一度見たくらいではわからないシーンもたくさん。
2度3度見た時になるほどと思うだろうが、充分物語は楽しめた。


7月30日 高原ばんざい [2018年 日記]

酷暑の今年は記録的な気候になりそうだ。埼玉県で国内最高温度を記録。

熊本も暑い土地なので走るなんてもってのほか。運動は中止するようアナウンスされているほど。けれども阿蘇やくじゅうなどの高い場所に行けば気温は低いし朝夕を狙えば走れるのでは、という訳で阿蘇産山村で朝の涼しいうちに走った。予想通り細かい霧雨も降る中、弱い台風が岡山を西進中で適度な風も幸いして、久しぶりに走りを楽しめた。

7月29日、17.5km、2時間7分。キロ7分15秒。

気温は22度から26度くらいだったろうか。曇り後半霧雨。涼しいといっても後半は暑く汗はダラダラ。自分には珍しく何度か歩いたりもした。折り返し点はやまなみハイウェイが阿蘇カルデラを見渡す絶景に飛び出る城山展望台。ジュースを買ってしばし休憩。中国人家族の写真を撮ってあげた。熊本地震の影響か、ドライブインは改築中だった。

180729.png


前回のジョギングは1ヶ月前のショートラン。大津町旭志の温泉を目指しがてらの途中。

6月26日、4.2km、23分25秒。キロ5分40秒。
この日も標高の高いこの辺りは雲が流れていた。四季の里旭志でゆっくりと汗を流した。

180626.png

7月3日 「ゼログラビティ」 [2018年 日記]

またもやSF宇宙ものを見た。サンドラブロックとジョージクルーニーという美男美女の宇宙飛行士が危機に直面する。ややありきたりなテーマだけど、無重力状態での人や物の動きはどうやって撮影したのだろうと単純に感心するほどよく観せている。

登場人物はただの3人、うち一人はほとんど映らない。しかも主人公2人とも宇宙マスクをかぶっているので表情で描こうとするとさぞかし大変だったことだろう。伝わらなかった感はそれほど無いので、役者2人の名演技によるものだろう。

地球を周回するゴミ、この先どんどん増えるんだろうな。