So-net無料ブログ作成

3月5日 映画「マイノリティ リポート」 [2019年 日記]

スピルバーグ監督「マイノリティ リポート」を録画していたので見た。

これから起こる殺人を予知して未然に防ぐ、という着想が面白いと思ったら、原作がフィリップKディックとのことで納得。

住居から移動する車の様子やホログラムのような映像提供装置など、近未来の描き方がいかにもありそうな感じで描かれていて面白い。悪役の老人がバットマンの執事に似てたが調べたら違っていた。

予知する、と、それに変化を加えることができる、と、予知は嘘になる、というパラドックス。
地震予知や彗星衝突の予知なら人類に利益をもたらすかもしれないが、気象予知やこの映画のような事件予知が出来るようになったらそれを使いこなせないのは間違いなさそう、当分の間は。

そんな現実的に見る映画ではないとわかっていてもつい。