So-net無料ブログ作成

9月7日 ブラジル豆はブラジルの味がした [2013年 日記]

Picture 1.jpg昨日届いた3種のエスプレッソポッド。最初はあまり期待してないブラジルから飲んでみた。

エチオピア、ガテマラに比べると今ひとつキワモノ感が少ないブラジル、という単なる印象なのだ。判官びいきとも言える。行った事もないし。

まずは一個取り出して個包装の封を開け、匂いを嗅いでみる。

あぁぁ、

間違いました。ごめんなさい。

あぁぁ

参りました。

コーヒー」という感じの香りだ。
逃げも隠れもしない。引っ込み思案な主張などしない。大胆に。灼熱の大地で育ったことに対して胸を張るような。コーヒービーンズのようなややビターな香り。

予想外の伏兵に期待しつつ、お湯を少量沸かして淹れる。

まずはブラックで味をみる。

あーなんだろう。この味は。どこかで嗅いだことがあるが思い出せない。もちろん匂いと同様大胆なコーヒー感が真っ先に口の中に広がりはするが、それに続く薄い酸味とも言えるこの味。おこげをこそげるのに注いだお湯の味か?んー、違うかも。みりんが濃すぎた煮物の味か?いやー。

思い出すために何度も少しずつ口に含んでみるが、どこで味わったのか思い出せない。まあ、あと10個以上残っているからそのうちね。

さて、砂糖をいつも通りの分量入れてみた。

うわっ、甘すぎる。思い出すもくそも無くなってしまって、甘さだけしか感じなくなった。入れ過ぎ失敗…。

ミルクも結局入れすぎて、豆の味どころじゃなくなった。それでも、スタバで味わう旨いコーヒーと似たような濃厚ブラジルコーヒーにはなった。

ブラジル豆のイメージは、「一面こげ茶色べったりなアマゾンの土」だ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました