So-net無料ブログ作成
検索選択
2013年 日記 ブログトップ
前の10件 | -

12月31日 太宰府天満宮 [2013年 日記]

image.jpg混み合う前にお参り。梅のつぼみはまだまだ小さい。



image.jpg参道には、スターバックスコンセプト店が、和の佇まいでひっそりとあった。いつか入ってみたい。

12月30日 「宇宙戦争」始まる!? [2013年 日記]

Picture 4.jpg奴らは車の中に居る俺たちに覆い被さり、いきなり襲いかかってきやがった。なんてこったい、前後左右取り囲まれて逃げ場がない。

2本とも3本ともしれない足の上に大きな図体が乗って、行ったり来たりして獲物を探している。

これは悪夢なのか、とうとう宇宙人による侵略が始まったのか。

俺たちが逃げられないと感づくや、ぐるぐる回転する2つのアームが出てきた。

そして、少しねっとりした液をバシャバシャと、あらゆる方向からぶっかけてくる。おかげで視界が遮られ、突破しようにも身動きがとれない。知性も相当ある生物のようだ。

Picture 2.jpgアーム攻撃が終わったとほっとしたのも束の間、今度は2本のフレキシブルなダクトを持った器官の口をじわじわと這わせて、熱風を浴びせる攻撃に転じてきた。まるで掃除機の化け物だ。

辛うじて車のバリアーのおかげで、中に居る我々は丸焼けにならずに済んだ。

そして、前方の視界が開けて奴の足が一瞬上に上がった隙をついて、猛ダッシュで恐るべき宇宙生物から逃れる事が出来たのだ。


安全圏と思われる場所にやっとたどり着いた後になって、あの宇宙生物の方向から逃げ出しぎわに聞こえてきた言葉を思い出した。「ご利用ありがとうございました」
タグ:宇宙戦争

12月28日 笑う洋楽展 [2013年 日記]

NHK「笑う洋楽展」を見てだいぶ笑わせてもらった。
みうらじゅんと安斎肇が昔の洋楽ビデオを見ながら面白おかしく突っ込むのだけど、年代が近いので当時の雰囲気やら世相とかの話が懐かしい。
70年代、ポップ編、ロック編、ソウル編のシリーズのうちでは、やっぱりロック編。出演者も一番好きそうなジャンルなので話がそれることが何度も。プロコルハルム、曲はいいんだけど、変なビデオ作ると後世に色々と言われるな。年末年始に再放送をやるらしい。

12月26日 仕事納め [2013年 日記]

忘年会も無事終わり、明日は仕事納め。ばたばたするのもそれくらいまでにしたい。
アルコール分解で疲れてるだろう肝臓も、年越しの前には休ませといてあげないと。正月から体を壊しちゃいかん。


12月24日 自然治癒力 [2013年 日記]

2013-12-23.png先週末の腰痛が治まった。時の力は偉大だ。それともビールが良かったのかひじきが効いたのか。

昨日は佐賀市街地の東のへりをたどるルートを、気温4度の寒さの中、走った。走ってると体幹は汗をかくくらいにボカボカ暖かいけど、手先や首筋は冷える冷える。

14.9km、1時間38分。キロ6分35秒。



IMG_0075.JPG吉野ヶ里の校倉作りとネパールのカフェが似ている件。

ネパールのカフェ、雰囲気が良くて、ここに座りたくて再度行ったというのもあるけど、実際は全てのサイズが日本の7割くらいで、逆に座っている人が外から目立つこと目立つこと。意外に落ち着けない空間だった。


タグ:ネパール

12月23日 ひみかとやよい [2013年 日記]

IMG_0018 2.JPGまさか、、、

まさか花火大会が5分で終わるとは思わなかった。
甘かった、、、。

スターマインの花火が打ち上がり始めてから、撮影にいい場所を探して見つけて、三脚を出して、カメラを据えて、さて撮ろうとした。

花火が終わった。

そりゃね、真冬に長々とやるとは思わなかったけど。

この校倉作りの横に、大輪の花火がくる予定だった、、、。

IMG_0015.JPG気を取り直して、ライトアップされた夜の吉野ヶ里歴史公園内をしばしブラブラ。

このキャラクター、いいね。
どれどれ、ふーむ。「ひみか」くんと「やよい」ちゃん兄妹か。二人とも頭が重いのが悩みとな。頭が良すぎるのも考えもんだろ、なっ!

入場料も払ったし、しっかりブラブラしようとしていたら、え?もう閉園?花火終わってから20分しか経ってないのに。

吉野ヶ里歴史公園、がんばれー。


12月21日 トマトジャム [2013年 日記]

jam.jpg最後の青トマトを使ってジャムを作った。後で調べたら、煮込むのだからこんなに細かく刻まなくても大丈夫なようだ。ジャムなんて初めて作るから勝手がわからない。出来上がりの量もあまり目減りせずにたくさん出来た。味はといえば、、、
なんとか美味しいと思って食べられるかな。
これだったら砂糖を入れて煮るだけだから、リンゴやそのほかのフルーツで、甘過ぎない無添加のジャムが簡単に出来そう。

12月19日 腰痛なのにニコニコな人、骨折ギプスなのにニコニコな人 [2013年 日記]

そんな人が身近にゴロゴロ。すごい。

Picture 1.jpg昨日から山に雪が積もった。

普段なら週末の畑仕事で疲れても2、3日で回復するのに、先週末に三本鍬をふるった後の腰痛が、4日経とうという今日も全く引かない。痛くても少しは身体を動かした方がいいかと健康体操にも出席したが、驚くほど体が堅くなっていて、特に背面への動きが出来ない。

こりゃ、時が解決するまで待つか。ビール飲んで、ひじきでもつまんで。


12月18日 屋久島 [2013年 日記]

昨夜は屋久島の中腹に在る一本の杉に思いを巡らした。

屋久島は洋上から2000m近くまで一気にせり上がっているので、植生も動物も種類が豊富。

yaku-l.jpg標高が低い所は、高い温度と降水量の多さで植物が繁茂して、亜熱帯的な光景が広がる。もののけ姫の森と近年呼ばれるようになった場所もあり、半透明の小さな精霊が飛び交っていても不思議でない。

少し標高が上がると大木が育ちやすい環境になり、背の高い樹林帯が広がっている。聖老人をはじめ数多くの巨木がいらっしゃる地帯。


yaku-h.jpg森林限界より高い場所は一転して樹木が無くなり、ヤクザサに覆われた広々した展望の中に、巨岩がゴロゴロして独特の景観を生み出している。海岸から沢登りをして悪戦苦闘の末に、こんな景観に躍り出たらさぞ感動するだろうと以前から想像しているが、まだ叶わない。

なぜ何十年も屋久島が気になっているのか、ひとつの説明を昨日の本から見つけることができた。
「拝むに足る人の住するところ その土地は楽しい」(法句経)

12月17日 聖老人 [2013年 日記]

「聖老人」山尾三省、野草社より

IMG_0021_2.jpg「(前略)

昔 人々の間に善が支配し 人々が神と共に語り合っていたころのことを
聖老人
わたくしは あなたに尋ねたかった
けれども あなたはただそこに静かな喜びとしてあるだけ
無言で一切のことを語らなかった
わたくしが知ったのは
あなたがそこにあり そして生きている ということだけだった
そこにあり 生きているということ
生きているということ
聖老人

(後略)」

聖老人とは屋久島の縄文杉のこと。樹齢7200年。

本棚の奥深くから引っ張り出して、今、読み返したい気になった。
黙して語らぬ聖老人。
今夜の寒波はその周りを白く染めているかもしれない。
ひときわ静かな夜を、ただそこで過ごしていることだろう。

タグ:縄文杉
前の10件 | - 2013年 日記 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。