So-net無料ブログ作成
2012年 日記 ブログトップ
前の10件 | -

大みそか [2012年 日記]

iphone/image-20130101010048.png2012年最後の朝の日差し、まぶしー!そういやもう冬至過ぎて日が長くなって来てたんだった。

今年も無事に年を来せそう。いろいろあった。




12月29日 走り納め [2012年 日記]

iphone/image-20121229223546.png今年の走り納めは、佐賀空港に続けてお気に入りのコース、大川市の大野島にある筑後川総合運動公園だ。長いので自分では略して大野島公園。

 佐賀からはちょっと遠いのでたまにしか行けないけれど、ほぼ芝生の上を走れるコースは今のところここしか見つけていない。足元が多少でこぼこなのでスピードを求める走りには不向きだけれど、ひざへの負担はかなり小さい。走る時の音も静かなのがいい。

 けれど何よりロケーションがいい。筑後川の河川敷なので、走った後のクールダウンで川べりに座る。河口はすぐそこ。暑い季節など、広くて静かな水面に映る月を眺めるのが最高。ガンジス川みたい。地元の野球チームや近所のおじさんの犬の散歩など、それなりに人ともすれ違ったりするので寂しくもない。

 佐賀空港まわりのコースが”究極”King Crimsonだとすれば大野島は”芳醇”Genesisだ。佐賀空港がキレのf(x)だとすれば大野島は色気のKARAだ。佐賀空港が先端Lady GaGaだとすれば大野島は大衆Katy Perryだ。
 

121229.gif公園内の芝生コースを何周かしようと目論んで走り出したはいいものの、昨日までの雨で靴の中までしみてくる”じゅたじゅた”状態だったので、あっさりと周回はあきらめてコースを出た。こうなると次にお気に入りのコース、ここから海へ向けて南へ一直線だ。真っ平らですれ違う人やクルマもほぼ皆無、雲仙をはるか遠く、真正面に見つめながらの単純往復。帰り着く頃には暗くなっていた。心地よい疲れ。よく眠れるぞホーイ。

 12.5km、1時間17分。キロ6分10秒。気温11度。やっぱ膝ウォーマーするとひざの調子がいい。

12月28日 Rice cake coverd with minced meat Miso sauce [2012年 日記]

iphone/image-20121228235117.png邦題「味噌まみれもち」

 政権が替わってから株価が次第に上昇し、年初の株価を上回って仕事納めになったらしい。人々はなんだか景気回復の期待に胸ふくらませてうかれだし、マスコミはそれをインタビューして(つまりあおり)…。
 なんだろね、このおいてきぼり感。というより社会全体で経済拡大へ持って行こうとする気配。戦争に持って行こうとしてた昔と変わらないじゃん?
 経済がいまだにわからない。なんで拡大が善で維持縮小が悪なのかから納得できん。もっと勉強しなくちゃ。
 看護士のおねえちゃんと話しながら最先端の器具でリハビリ治療ができて、医療費を払えるだけの収入はある、ってのはありがたいけど。

 松井選手が左手首を骨折した時の曲がり方、俺と一緒だ! おー、いてぇ。
 

12月26日 光り物 [2012年 日記]

iphone/image-20121226235811.png今日の一枚も光り物、コップの水。寿しでも光り物大好き。

年明けから年度末にかけて、かなーり仕事が忙しそう。もっと忙しい人も居るみたいだ。そしていまだに年賀状を書いてない。買ったジーパンの裾も補正に出さないといけない。お年玉用のお札も揃えないと…。

忙しいと書いて、心を亡くす。ゾンビになるのだ。

12月25日 独断だらけのクルマ選び [2012年 日記]

iphone/image-20121225233016.png
クリスマスイルミネーション。
やっぱきれいだ、星、しかも光ってる。おまけにそれがたくさんある。




 我が家の自家用車は2台ともすでに12万キロというかなり長距離を走り、10年前後の雨風紫外線に耐えてくれている。ちょこちょこ細かく故障しては修理して乗り続けているけれど、そろそろ次の車種のイメージでも考えとかないといけないかもしれない。

 次に乗るとしたら…

 ダットサントラック。リタイア後の農作業用にとっておく。
 レクサス。欲しいけどオヤジて言われそう。
 アメ車。田舎に住んでお金が許せばなあ。
 クラウン。ビビッドピンクでデカグリルって路線がどうよ。
 オート三輪、VWバス。宝くじが当たれば。
 リーフ。原発いらんと言えなくなる。
 プリウス。静かでいいけど、さすがに仲間多すぎ。
 キャンピングカー。2台目でしか。なおかつ高い。
 ワンボックス。下品。じゃま。
 ベンツカブリオレ。いいなあ。
 バットモービル。決まり!!任意保険高そー。
 

12月24日 田舎暮らし [2012年 日記]

1224.JPGクリスマスイブの夕方、西に傾く夕陽。佐賀市内は昨日からずっと寒かった。峠の方では雪でトラブる車も相次いだらしい。

 夜に仕事から帰ってきて、冷えきった部屋をとりあえず人心地のつく温度まで暖めるのに30分かかった。あとは着込んで局所遠赤ヒーターに切り替えて低めの室温で巡航だ。

 九州山地の山懐の古民家で暮らしてるK先輩のところも寒かろう。山の冷気がもろに一番に当たる木造一戸建てだし、北向きで朝遅くまで日が射さないし、大変だ。上水は山の天然水だから凍りはしないだろうけど、台所とか風呂とか冷たかろうね。

 まあでも自家製の炭も薪もたくさんあるので、囲炉裏でチロチロと燃えるおきびを眺めながら連れ合いさんと焼酎飲んでんだろなあ。


もし九州山地の山懐に暮らしていたら…

「冬至明けの昼下がり、お天道様はすでに西の山の端にさしかかり、寄り合い所のほうはもう日陰に入っている。日の暮れる前に氷点下になるのも先月からずっとのことでもう慣れた。軽トラのタイヤはスタッドレスだ。

 ようやく2列残っていた大根を掘り上げて昼間は大汗をかいた。明るいうちに五右衛門風呂で汗を流して、湯冷めしないうちに晩酌がてらの食事とする。煎り豆と自家製味噌の味噌汁、それにどっさりとある漬物類に干し柿のデザートと品数だけは豊富だ。囲炉裏の焚き付けは未だに煙くてかなわないが一旦安定すれば体の芯まで暖めてくれる。当たってない側は冷たいので時々体の向きを変える。

 都会の安アパートで暮らしてるK君はエアコンの効いたすぐ暖まる部屋でぬくぬくしてるんじゃなかろうか。隣室の大声がうるさいとか言ってたけどそれはそれでシーンと静まりかえってる寂しさと比べたらどっこいどっこいだよ。水道水がそのままではまずくて飲めないのでペットボトルの水を飲んだり料理に使ったりしてるんだってね。そしてそれを買いにたびたびスーパーに行って手がちぎれんばかりにたくさん買い込んだりして、大変だねとしか言いようがない。

 まあでも光ファイバーや4G電話網が発達してるので、しょっちゅう鳴るスマホのバイブを気にしながら孤独に焼酎飲んでんだろなあ。」

ぶるっ、やっぱ寒っ。

12月23日 焼きたてソフトクリーム [2012年 日記]

2012-12-24T00-51-17-5a8d9.pngそれぞれは食べたいんだけど…。もう一息がんばれ、この看板。

 おとといの高速道路は交通量の多さも疲れた原因だったのが、今日、スカスカな中を運転してわかった。路面は黒く光を吸い込んでマットで見やすいし、走行音はあくまでもロードノイズのみという舗装技術の素晴らしさよ。前後に車は少なくマイペースで定速走行できるので、いろいろ考え事をするほど余裕があった。ヘッドレストに頭をあずけてアクセルから足を離し、前方のみをじっと見つめているとだんだんボーッとしてきた。

 もしこれで交通事故を起こしたら…痛い。手の骨折どころの話じゃない。起きる時は一瞬。今は快適、一瞬後は最悪。体のどこがどう折れて切れるかわからないけど考えただけで痛い。

以下、想像事故描写につき閲覧注意…


12月22日 生ジャズ [2012年 日記]

2012-12-22T23-21-45-7a484.png音楽やる人には、だらしない体型の人が少ないような気がするけどなんでだろう。

 忘年会で寄ったジャズバー。目の先1mくらいで生身の人が演奏する様子は、特段ジャズ好きという訳でもないけど興味津々。表情を見てるだけでも飽きないし、なぜそこでそのフレーズが脳から出てくる、などと考えてたら音楽だけ聞くよりかなりおもろ。

12月21日 茶髪!? [2012年 日記]

iphone/image-20121221231410.png運転緊張したー。寝不足、雨降り、夜の高速道路。水しぶきで視界が悪い。

 今日も怒りっぽくなってる自分を発見、抑えて抑えて…。怒りは嫌いなはず。

 新政権が早くも原発新設に言及。これは怒らずにいられない、うりゃー!

12月20日 神よ、我に小さな明るい光を… [2012年 日記]

iphone/image-20121221022610.png昼休みが2時半という遅い時間なので行く所もなくカフェへ。ドトールのコーヒーって意外とうまいな、と再認識した。酸味が適度にあって苦すぎない好みの味。作る人にもよるんだろうなー、今日は割と年配めのお二方だったので。

 スターバックスも無性に飲みたくなる時がある。ちょっと苦めのが多いけどマグカップでなみなみと注がれたコーヒーと快適なイス、快適な空間は便利だね。好みの豆をいつでも飲めると最高なんだけど。

 クリスマスもだいぶ近づいてLEDのイルミネーションを飾り付けた家やら公園やら建物が特に近年増えてきたように見える。確かにきれい。電力の用途としては無駄、と一気に切り捨てられない、きれい。我が家にも欲しい、けどなんだか少しだけ点けてもかえってみすぼらしくなりそうでまだ点けてない。でもきれい。昼間点灯してない時に見ると、化粧を落とした女性の素顔を見るのに似た気恥ずかしさ感が大きい。でもきれい。

 小さな明るい光って見入ってしまうなあ。LED、花火、たき火、星、バルーンのバーナー、テントの中のコンロ…。月はそれ自体よりその照らす世界が美しい。光にあふれていたといわれるビッグバン直後のまぶしさってどのレベルだろう?太陽でさえ直視できないのに。ウルトラマンのお里、光の国ぐらいだろか?

今朝の佐賀、最低気温−1度、佐賀空港は−3度。冬だし、明日は冬至だし。休みだヤッホー。

前の10件 | - 2012年 日記 ブログトップ