So-net無料ブログ作成

1月28日 土 [2016年 日記]

神道で土は万物の根源。神も人も物も土が元となってできているという考え方だが、土を元素と解釈してしまえば物理的にも通る話しだ。

都市部で暮らして息詰りそうに感じる原因のひとつに、土が露出している地面が少ないというのがある。黒くて、でこぼこで、見た目が悪くて、不潔な、土。合理性を追求されやすい都市部でそれが覆われてしまいがちなのは仕方がないことだ。

明日は雨がやんで菜園の土いじりが出来ればいいが。



1月26日 マディソン郡の橋 [2016年 日記]

マディソン郡の橋という映画。アメリカの片田舎の橋の佇まいが独特で気になっていたので、ちょうどテレビで放送されていたのを機に鑑賞してみた。クリントイーストウッドとメリルストリープの不倫ばなし、と言ってしまえば簡単過ぎるか。

女性の死後に日記から不倫の事実を知ってしまった兄と妹が、最初はそんな母親に嫌悪感を抱くが、日記を読み進むに連れて許し始め、最後は冷えきった自分の家庭を暖かく省みはじめるという構成も面白い。

それほどの美しく真剣な恋愛だった。懐疑的にみれば、二人の仲がなぜそんなに盛り上がったのかがもう少し納得させてほしかったところだ。超絶魅力的な人生や人格でもなし、会話に特に深い点があった訳でもなし。


1月25日 かわいらしい雪だるま [2016年 日記]

daruma.jpg交通機関が乱れる事が分かっていた朝だったので、歩いて出勤。意外とアイスバーンになっている所は少なく、バランスを崩してヒヤッとすることも少なかった。

お気に入りの曲をリピート再生しながら冷えきった空気を吸うのは気持ちいい。が、実際はチェーンで傷ついた舗装の粉や排気ガスの中を歩いていたのだろう。

適度な運動にもなったし、こうやって思いがけずかわいい雪だるまに出会ったりして非日常を楽しめた雪の朝。

1月24日 大雪 [2016年 日記]

snow.jpg

暖かい冬から一変して一気に冷気と雪に覆われている。外はマイナス6度。車にもべったりと雪が張り付き、動き出すまでにしばらく暖機運転とウインドウの雪溶かしをしないといけない。

メリハリのある、ともいえるこの冬。

1月22日 えんどう豆の苗 [2016年 日記]

endo.jpg植物も冬休みに入るので、11月から12月にかけては家庭菜園としてもやる事は少ないのだが、エンドウ豆だけは別。種をまいて、厳冬期に入る前に10cmくらいの幼苗にしておいてから春先の急成長を待つ。

だから、霜で浮いた土と黄緑色の苗、そして霜よけとツル誘引を兼ねた細い添え木が冬の菜園の風景だ。

自分の菜園ではまき時を逃してしまった。散歩中に見かけると季節を感じる。

1月18日 夕刻 [2016年 日記]

徹夜仕事明けのけだるい一日が終わろうとしている。昼間に睡眠を補っても身体がリズムを取り戻せないまま、このまま、明日の朝までいく。身体を削って給料をかせいでいる。

真冬は毎年その傾向があるが、一日じゅう家から一歩も外に出ない日というのがあって、それはやっぱり夜になった頃に少なからず閉塞感を感じるものだ。家から出たくても事情で出られない人だってたくさんいるだろう。

1月16日 異様な光景 [2016年 日記]

tree.jpgカッパドキアに行ってきた。

と言っても信じられそうなこの光景。ジョギングしてていろんな道に入って行くと、たまにこんな珍しい風景が待っているから楽しい。車やバイクや自転車でさえも入って行かないような道にあったりする。

背丈10mほどもあろうかという巨大針葉樹がニョキニョキと天を突いて立ち並んでいる。大きな樹木はただ立っているだけで存在感がものすごい。

真冬にかこつけておっくうになっていたジョギングも再開せねば。運動公園から空港北方面へ19.1km、2時間26分。キロ7分40秒。足取りが重い。

1月15日 冬の夏 [2016年 日記]

paplica.jpg夏野菜を放置して冬になると、こうなる。

ピーマン、パプリカ、ナス、などはこんな感じ。

着果した実は色づく前にしなびてぶよぶよになり、葉は枯れてパリパリに。枝も枯れて骨格だけは維持している。

ダリの絵のよう。

1月14日 深夜の繁華街 [2016年 日記]

machi.jpg熊本のアーケード街を深夜にあるくのもオツなものだ。酔っぱらいは横行、客引きの怪しい匂いプンプンな男女がこちらを観察する。汚いゴミでも堂々と通りに出される。

深夜しか営業してない店を覗き込んだり、閉店後の店内で行われている作業を見たりもおもしろい。


1月11日 Ashes to ashes 灰は灰に [2016年 日記]

pod.jpgデビッドボウイの訃報にただただ驚くのみ。別に特に好きなアーチストという訳ではなかったのだけど、この世から居なくなるということは。

カフェポッドの使用済みがたくさん溜まったので、またしても分解作業して土に戻す。ちゃんと生きてます。