So-net無料ブログ作成
検索選択

10月31日 霜月前夜 [2015年 日記]

いい大人は余裕をかませてなんぼ。自分がどうなろうとあまり気にしちゃいけない。

今日は身体的にも精神的にもファイティングでタフな、胆力を問われる一日だった。10年前なら参ってたろうけどまだまだ余力は充分あるよ。

佐賀ではバルーンフェスタが始まる、もうそんな初冬にさしかかってきたのだ。
ハロウィーン?なんのこと?

10月30日 蜘蛛と私 [2015年 日記]

spider.jpg蜘蛛と私

空を見上げて座っている

音はない

私たちは朝に眠り

何千マイル彼方を航海する帆船の夢を見る

Brian Eno "Spider and I"

10月28日 ともだち [2015年 日記]

limon.jpg今宵のお供は素敵な女性、ではなく気のおけない同僚、でもなくこのリモンチェッロ。

柑橘系の爽やかな酸味と苦み、それに負けない甘さが加わる。それだけだとジュースだ。そこにアルコールが加わり、さらにキンキンに冷やすと、えも言われぬ立派なお供が出来上がる。

ひと口含めば、なにも小賢しいことは言わずただ、真っ青な海とまぶしいばかりの白い家が並ぶアドリア海にひとっとびで連れて行ってくれる。いつもいつも顔を突き合わせるにはくどいが、時々つきあってもらうにはいいお相手だ。



10月27日 美味しく肉 [2015年 日記]

昨日の首の痛みはなんとか取れたようだ。首から上の重量は相当な重さらしいから、それを支える首にかかっている負担は日頃からかなりのものだろう。車で追突されたりなんか、考えただけで恐ろしくなる。健康が一番。

食欲の秋か、近頃たくさん食べる癖がついて、特に肉や魚を身体が要求する。日常的に運動しているならまだしも、中年にもなって食が細り始める人も居る中、カロリー過剰はよろしくない。少し減らすか、飲み物などへシフトするか、運動するか。なんとかしないと。


10月26日 半身浴 [2015年 日記]

どうやら今朝方、首を軽く寝違えたらしい。一日じゅう、わずかに頭痛がして首回りに違和感があった。

こんな時は無理なことはせずに休むに限る。お風呂にぬるいお湯を張って文庫本を持ち込んでみることにしよう。それもきつそうなら半身浴をしばらくしてみよう。明日は朝早くからの仕事になっている。

早くも街ではお歳暮の受付を見かけ、自宅には年末調整用の証明書が送付されてきた。早い早いと言いながら、一年間ってこんな長さなのだ。


10月25日 黄金色 [2015年 日記]

hana1.jpg

hana2.jpg

暖かい秋の夕暮れ。あたりを黄金色の光で満たしながら太陽が落ちていく。


10月24日 AppleMusicその後 [2015年 日記]

yuuyake.jpg

スカッと晴れた一日を締めくくる、スカッとした夕陽が見られた。今日はPM2.5のせいなのか視界が少しかすんで見えていて、おかげで水平線近くは均一に太陽光を弱めるフィルターになってくれてるのだろう。

今日の仕事はひと手間余計な事が発生したが、なんとか切り抜けて最後は完璧に終わった。時間的にも予想された終わり時間より早く終わってよかった。

AppleMusicのサービスが始まって1ヶ月と少々。月額料金を払ってでも今の所は継続しようと思っている。なぜなら、1ヶ月のお試し期間のうちにAppleMusicでレコメンドされた曲が自分の好きな曲コレクションに入ったのが複数曲あったからだ。

好きなアーティストの、これまで聞いたことのなかった曲や、気にはなっていたけどわざわざCDを買ってまでは聞かないようなバンドの曲など、AppleMusicでは聞く事ができる。するとその中から好きになる曲が出てくる。

ひとつの出会いのようだ。出会いの機会は買ってでもするものだと今は思う。


10月23日 暑い10月 [2015年 日記]

最近暑い日が続いている。今日も日なたで仕事をしているとTシャツ一枚でも汗をかき、喉が渇いた。10月ももう終わり頃なのに、あの9月のいつかの寒さはどこへいったのだろう。

週末は仕事に明け暮れる予定。自然に囲まれて、時間的にも余裕はある仕事だが、共同作業の責任がプレッシャーとなる大事な役割だ。

後輩の言葉「好きな人たちと好きな職場で働けている幸せ」にこちらが幸せをいただいた今日。

10月22日 ひとつの命 [2015年 日記]

外出先でお年寄りの集団を見かけることが多くなった。車いすが何人も混じっていればデイサービスのお出かけであることが多い。職員がかいがいしくお世話して回っている。

だいたい、花がきれいだとか景色がいいとかいう場所で出会うけれど、観察しているとそんなものには目もくれないで眠ったようにしているお年寄りが何人かは居る。眠っている訳ではないのは口や身体の一部が動いたりしていることですぐに分かる。

かと思えば独り言のように歌っている人も居る。いい気分なのか、歌うのが癖なのか。

綺麗なものを愛でて微笑んでいる人もいる。職員さんとのやりとりが楽しそうな人、つまらなそうに黙ってうつむいている人、気ぜわしい人、耳が遠くてコミュニケーション難民になってる人。

今までの人生で何をしてきたか、聞けばへええ!と驚くようなそうそうたる人達かもしれない、そうでないかもしれない。

こういった集団は動きが遅かったり、物静かだったり、場所をたくさん取ったりと、お年寄りではない年齢層からしたら華やかな場所に、ある意味ふさわしくない異様な空気感を出していると感じる感覚を否定することが出来ない。が、そこから目をそらさずに自然な眼差しで見つめたい。まぎれもなく、一個の人の命なのだ。


10月21日 身体を整える日 [2015年 日記]

1021.pngなまった身体を整えるべく、またもや南阿蘇に行って走った。このところ阿蘇山上空では東風が吹いてるようで、今日も長陽方面を避けるコースにした。

6.4km、36分。キロ5分40秒。ハーフパンツに半袖でちょうどよい気温と風。稲刈りをしている作業の横を申し訳なく通らせてもらう。

akaushi.jpg阿蘇の赤牛を使った小鉢を3品、ミートボール、レバー、グラタン。肉の味はあまりしない、やはり焼肉ステーキでないと。

そして阿蘇といえば温泉久木野温泉四季の森で汗を流し熊本へ帰り、今度は健康体操の合同大会に出席してまた汗をかく。そして家のシャワーで汗を流す。ちょいと忙しい一日だった。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。