So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

1月15日 「麦秋」 [2018年 日記]

先日、テレビで小津安二郎監督の映画「麦秋」を放送していたので、録画して見た。

どんな内容かは全く予備知識無しで見始め、どんどん映像に引き込まれ、手元で出演者の検索をしたりしながら最後まで見届けた。

ほとんどの関係者がすでにこの世を離れているのも感慨深い。そして、セリフ回しひとつとっても今とは随分感覚が違うことに時の流れを感じる。

自分の中では最後に一人で泣く原節子のシーンがクライマックスかと感じた。当時の家は静かで音も筒抜け、鳴き声はいくら押し殺しても家人には伝わるだろう。それでも誰も気づかないふりをしている。

笠智衆や淡島千景、杉村春子、、、地味だけれど菅井一郎。いい仕事してます。




1月1日 元旦 [2018年 日記]

今年は、穏やかで、平和で、幸せな年になるといいですね。

12月20日 球磨川沿いのサイクリングロード [2017年 日記]

12月7日は、芦北方面の海岸沿いを、14日には球磨川上流の川沿いを走った。いずれも行きか帰りに鉄道を使った片道ルートにして距離感を楽しんだ。

20171207.png

津奈木駅から佐敷駅まで、意外とアップダウンのある、けれども交通量は少なめなのどかな道。車ではまず通ることはないだろう。17km、1時間54分。キロ6分40秒。

12月14日は、行ってみたかったけどなかなか遠くて行きにくかった湯前線沿線へ。
20171214.png

球磨川サイクリングロードは、どうやら人吉駅からくまがわ鉄道湯前線湯前駅までずっと続いているようだ。球磨川沿いの堤防道路は平坦だろうからそこをのんびりと走ろうかと思って来てみたが、渡りに船の道だった。ラバーチップ舗装ではないものの、車重による凹みや道路工事による段差などの全くない走りやすい道で、もちろん車とすれ違う事は皆無、サイクリストは2組ほど会っただろうか。ランナーには2、3組、散歩のご夫婦には10組程度会った。2時間走ってそれくらい。気温は9度。風はほぼなく、太陽は薄い雲が時々広がる快晴。この気象条件が快適に走れるギリギリの寒さだ。もし少しでも風が吹いていたら、陽が射さなかったら、忍耐の時間になりそう。

21.5km、2時間19分。キロ6分30秒。

12月5日 初雪の熊本 [2017年 日記]

平年よりだいぶ早く初雪の便りが届いた。自分の目で雪が舞うのを見た訳ではないので実感は少ないが、そうと言われても全く疑わない寒い一日だった。

最近のジョギングの記録まとめ

10月23日 山鹿の菊池川沿いを往復。風が強く、車に仮置きしたiPhoneが風で落ちてガラスが派手に割れ、哀しい思い出に。6.8km、42分。キロ6分10秒。帰路は平山温泉フローラへ。大衆向けにしてもいい泉質で満足。

171023-2.jpg



10月30日 自宅の周りを足慣らし。5km、31分。キロ6分20秒。

11月3日 休日を利用して球磨川沿いの平坦な裏道を走ってみた。暗くなるまで走って、帰りにはなかなか行く機会のない吉尾温泉で汗を流した。11km、1時間10分、キロ6分25秒。

171103-2.jpg


11月23日 JR長洲駅から荒尾、大牟田を通ってJR銀水駅までプラスアルファ。ひたすら有明海沿いを走り、最後は暗くなった銀水駅になだれ込む。どこかの店で座って温かいものでも、と思っていたら駅の周りには何も無し。国道へ出ても何も無し。少し行ったらあるかもと進んだところで時間切れで引き返す。コンビニにさえ寄れず。ホットしるこで車上の人になった。18km、1時間59分。キロ6分40秒。玉名温泉立願寺温泉ホテルはなぜか和む。

171123-2.jpg



12月1日 自宅近所を少しばかり走った。6.7km、46分。キロ7分。


10月18日 短い秋 [2017年 日記]

やっと暑くはなくなって来たかと思えば、寒いような陽気の今日この頃。暇を見つけては走りに出るけれども、腹は出てくると言う始末。

9月29日 泗水の川沿いを夕暮れに追いかけられながら8.9km、1時間。キロ6分50秒
        辰頭温泉に寄って汗を流した。
10月1日 菊池の市街地を抜ける古い道10km、1時間8分。キロ6分50秒
        清流荘に寄って温泉を楽しんだ。
10月8日 五家荘の山ふところ11km,1時間18分。キロ7分。
        五木温泉夢唄に浸かり疲れを取った。


それぞれ思い出に残る印象的なランになった。

170929-2.png

171001-2.png

171008-2.png

9月24日 黙々と歩く [2017年 日記]

近頃の登山者は登り優先というルールを知らないのか、こちらが立ち止まらなければならないほどの勢いで下ってくる。しかも徒党をなして。山側によけるというルールもありましたっけ、昔は。でもこんな事を言ってるようでは煙たがられそう。

黙々と歩く。こんにちは公害という言葉があったような登山者同士のあいさつ。悪いことでは決してないが大勢が行き交う登山道では少しばかりの迷惑。言われた挨拶には聞こえる程度の返礼をして、申し訳ないが目線は上げない。自分の息づかい、足取り、地面のでこぼこに神経を集中させ、どんな人が行き交っているか、この声の主はどんな人か、興味が沸き上がるのを抑えて。

今日の山は黙々と歩いた。



9月9日 真夏のラン [2017年 日記]

6月26日は少しでも涼しい場所でと、また鞍岳の道を走った。8.2km、57分30秒。キロ7分。
ここはいつも雲が覆っているイメージがある。

8月24日は、また阿蘇の外輪山の上を走る。大観峰を起点に倒れない程度の距離。
6.5km、46分。キロ7分。日陰が無いので樹の下に入って流れてくる雲が日射しを遮るのを待ってから走る、また日陰で休むの繰り返しでやっとのことで出発点に戻った。ソフトクリームをいただく。

170626.png

170824.png

6月25日 また「剣岳 点の記」 [2017年 日記]

録画を消去する前に、もう一度見た。

香川照之の表情、歩き方、佇まいがやはり印象に残る。

とても過程が長い事に思い至りながらも、あそこへ行きたいと思わせられるのは映像の現実味からか。

6月15日 峠越え [2017年 日記]

最近のジョギング記録、、、

 4月22日 菊池方面の意外と標高差のあった単純往復 15.3km、1時間51分、キロ7分15秒。
 5月25日 小国町、単純往復 11.1km、1時間16分、キロ6分50秒。

どちらも高低差のかなり大きいコースだった。小国はトンネル工事現場にぶち当たって引き返す事に。
5月のきつい日差しで久しぶりのジョギングなこともあり、ふらふらになった。

こういったプライベートの時間を取りづらくなっていた仕事の山場も越えた。これから少しずつ元通りに戻していけるかどうか。

0422.png
0525.png

4月19日 今年の桜は [2017年 日記]

sakura2.jpg毎年のことではあるが桜の花が美しい。特に雨に濡れた黒々とした幹と淡い桃色の対比がいい。
先週、福岡県日向神湖畔の桜並木に初めて行ってみたが、ダム湖を取り巻くピンクの帯。見応えがあった。

生命力がそのあたりに満ちあふれる春。
前の10件 | -